まるの日記

writer

MARU

MARU
(Masato Hirose)

instagram

    Instagram

    202106/11

    あの人からオレのキャビネット

    まるの日記 施工レポート

    「まるの小屋」事務所にある、毎月ごとに請求書や領収書やら紙を分けて収納できる固定したキャビネット。

    あまった本物の木の床板を使って、引き出しの扉をつくった。

    材種はメープル、パイン、ウォールナット、クリ、カバ、タモ、ケヤキ、レッドオーク、ヒノキ・・・・

    取手の金具は、可愛いっぽくアンティーク調の物にした。

    可愛い♪

    んで、

    働いて頂いてる年上の大工さんが事務所に入って、コレを見た瞬間。

    「これ欲しい。」と言ったのは、半年前。

    「自分で作れば良いやん♪」

    って言ってみたけど、自分の物を自分では作りたくないらしく、

    その場の雰囲気は、「お前が作れよ。」オーラが漂う。。。

    まぁ。

    働いて頂いているおかげで、利益も出たりするわけなので、「まぁいいか。」

    って思って、男同士の約束をしたのは、半年前。。。

    という訳で、サイズは何となく覚えてたので、

    重い腰を上げ、

    ステイホームのゴールデンウィークを返上して、ようやく

    「あの人のキャビネット」を適当に作ってみた。

    塗装前写真↓

    着色無しのクリア仕上げでも、良い雰囲気なる様な気がしたけど、

    どうせ。

    もうすぐ死んでしまう、

    おっさんにプレゼントするし、可愛くなりすぎると感じたから、

    天板と側板を着色したら、男の子っぽくなった。

    1個1,000円くらいの取手の金具を付けて、

    男の子っぽく、不良な感じになったお。

    んで、

    映える様な所に持ってって、写真撮ってみた。

    金具2個足りんかったから、再度注文しておいた。

    あの人のキャビネットの脚になる金具は、おうちで猫を飼ってるから、

    可愛い猫足にしたかったけど、値段が高すぎて、

    泣きそうになったので、

    諦めて

    本当に、小さくて可愛い猫足に。。

    大型家具屋さんとかで、

    良いキャビネット探してたらしいけど、なかったらしい。

    ばえー。

     

    最近

    無事、残りの取手金具も届き、ようやく大工さんに引き渡しました。

    気の毒に思えたのか、

    既製品の家具位の金額を頂いてしまいました♪

    オーダーメイドの焼き印を勝手に押しておいた。

    ようやく男同士の約束。果たしました。

    これからも

    よろしくお願いいたしまーす♪

    pagetop